うらしまおばさんのあんな事こんな事

アクセスカウンタ

zoom RSS 考えるかぼちゃ 松本市美術館

<<   作成日時 : 2017/04/09 15:48   >>

ナイス ブログ気持玉 87 / トラックバック 0 / コメント 2








『 考えるかぼちゃ 』
草間彌生の 2013年の作品

うううううむ
どこからみても 考えるかぼちゃには見えない
スカスカのかぼちゃ頭で 考えてみても 分からないのだ 
草間彌生の世界では かぼちゃも考えるのです

画像





久しぶりに 美術館に行ってみた
ここのところ 野暮用で何かとバタバタしていたんだ

画像





そんな時だからこそ 美術館あたりで 
まったりする時間は大切だよね

画像





槍ヶ岳の営業小屋開設から100周年を記念して
写真展が開催されていた
穂苅三寿雄は 槍ヶ岳に営業小屋を開設した山岳写真家だ 
大正末期から昭和初期にかけて撮られた 山の写真に心が揺さぶられる 
 
画像





モノクロの写真から 迫力が伝わってくる
当時の登山ウエアが渋い
( パンフレットを 撮ってみました )
 
画像





おなじみの大正池は 今と様変わり
焼岳噴火からほどないころは 立ち枯れた木々が
こんなにも 林立していたんだ

画像





ほぼ直角の岩にへばりついている登山家たちが分かりますか?
一本のザイルでつながる緊張感が画面から伝わってくる

画像





松本市美術館は ご存じの赤い水玉だらけ

画像





ベンチも壁も 水玉

画像





自販機も水玉

画像





ずーっと向こうまで水玉

画像





モニュメント 『 幻の華 』

画像





水玉チューリップで かくれんぼ
タッチできる 作品なのだ  

画像





美術館を出た後 ちょうど水玉乱舞号が通り過ぎた
車の中から あわててパチリ!
バスのナンバープレートも 『 8 4 1 』
おっされ〜

画像












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 87
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
フイルム時代にこんなに迫力ある写真撮るんですね、穂苅三寿雄氏の写真感動です、白黒も良いですね。 赤い水玉ーここまで徹底するんですね、びっくりしましたー 
ゴン太
2017/04/12 17:12
 ゴン太さんへ
こんばんは♪
当時は機材も半端ないほど重かっただろうし
装備も今のようにコンパクトじゃなかったはず。。。
すごいですよね〜〜デジカメだと何枚失敗してもちゃっちゃと消せるのに
当時は気合入魂の一枚だったでしょう。
失敗してもちゃっと消せばいいやって撮ってると思い入れのある写真は撮れないのですよね。
そこらじゅうに赤い水玉! 常設展などはさらに水玉だらけだから初めて見た人はびっくりぽんです。
うらしまおばさん
2017/04/13 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
考えるかぼちゃ 松本市美術館 うらしまおばさんのあんな事こんな事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる